コンタクトレンズ処方に関して


 平成30年1月から、当院窓口にてコンタクトレンズを直接販売(交付)できるようになりました。


 <参照>
厚生労働省通知
 
 

目の健康を第一に考え、酸素透過性やよごれにくさ等の性能を考慮した高機能レンズを中心に取扱をしております。

 

① まずは当院受付へお越しください

 
 コンタクトレンズを購入される際には、直接当院窓口に起こしください。
 
 院外の販売店での購入希望の方は、予定の販売店に行っていただき、どのようなレンズを希望されるのかをよく相談してください。
 
初めて希望される方も、再診の方も同様です。
 
 *販売店にて購入を希望されるレンズがある程度決まりましたら、「レンズに関する諸データの記載してある所定の用紙」ならびに「レンズのフィッティング検査に用いるテストレンズ」を受け取ってください。
これらのものを用意してもらえないとレンズの処方を行うことができません。
 

② クリニックの受付

 

 
 当院では、このたび国内で正規に流通する主要メーカーのコンタクトレンズについて、院内交付(販売)をはじめました。
 
 診察に関しては、これまで通り保険診療でおこないます。保険証をお忘れなく。
 
 なお、当院ではコンタクトレンズに関しての予約診療をネット予約にて行なっております。クリック→LinkIcon
 
 
 また、前回通りの処方を希望される方であれば、あらかじめ購入希望のレンズについて電話にて連絡いただければ、在庫をご用意しておくこともできます。

③ 視力検査や医師による診察

 

 
コンタクトレンズの度数合わせや、フィッティング検査を行います.
 
もちろん眼に疾患がないかどうかを医師の診察で確認いたします。
 
治療すべき疾患があれば、コンタクトレンズ処方は行うことができません。
 
診察の後、コンタクトレンズを装用することに問題がなければ、院内にてコンタクトレンズを交付(販売)いたします。
なお、院外の販売店にて購入を希望される場合、販売店にて発行されるレンズデータシートに当院の証明印を押してお渡ししますので、それを店舗にお持ちいただきレンズを購入してください。
 
なお、このCLデータシートを持参されない場合には、当院所定の「診断書」を発行いたします。通常の診断書と同様、文書料金が発生いたしますのでご了承ください。
 

コンタクトレンズを初めて希望される患者さんについては、初回の検査の後、ご自分で装用するための練習が必要となります.これには大変時間がかかる方もおられます。

 
 

初めて希望される方は時間に余裕を持ってお越しください。受付終了時間の30分前までにはご来院いただければ幸いです。

コンタクトレンズ(CL)の処方を希望される皆さんへ

 

 *以下は、当院の院内交付でコンタクトレンズを購入される方は読まれる必要はありません。

 
 院外の販売店にてコンタクトレンズ購入を考えられている方へ
 
 コンタクトレンズ(CL)を購入する予定の販売店に行っていただき、どのようなレンズを希望されるのかよく相談してください。CLには、ハードレンズ、ソフトレンズ、使い捨てレンズなどの種類があり、多くのメーカーから様々なレンズが発売されています。
 
 
 初めてCLを希望される方だけでなく、再診の方でも同様です。
 
販売店にて購入を希望されるレンズが決まりましたら、
 

1.レンズに関する諸データの記載してある所定の用紙(=便宜上、「コンタクトレンズカルテ」あるいは「データシート」と呼びます。)

 
*レンズのカーブや大きさなどはそれぞれのレンズで異なります。CLのフィッティング検査のためには、これらのデータが必要となります。
必要なデータとしては、レンズのメーカー名、レンズの銘柄名、ベースカーブ、直径が最低限必須です。度数は当院での検査の結果、記入致します。
 

2.レンズのフィッティング検査のために必要なテストレンズ

 
* テストレンズは、角膜の曲率半径とレンズのベースカーブが合っているか、レンズの直径があっているか、フィット感に問題がないかどうかを確認するためのレンズです。この際には度数はかならずしも合っていなくても大丈夫です。
*右目と左目のそれぞれ1枚づつは最低限必要となります。CLの装用練習が必要な初めての方の場合は、うまく装用できないこともあるため、使い捨てレンズの場合は何枚か必要となる可能性がありますので、余分にもらっておくほうが良いかもしれません。
 
 
の2点を受け取ってください。これらのものを用意してもらえないと、処方を行うことができません。
 
持参していただいたテストレンズを用いてフィッティング検査を行い、視力検査の後でデータシートに度数を記載し、当院で検査を行ったことを示す証明を記録してお返しする手順となります。
当院での診察終了後、この用紙を販売店にお持ちになり、CLを購入してください。
 
*複数の種類のCLを購入希望の方や、購入するCLが一つに絞れない方の場合は、候補となるCL全てについて上記のものが必要となります。
 
 
 

~コンタクトレンズカルテとテストレンズとは~

 
CLは厚生労働省の指定する高度医療機器ですので、販売店には厚生労働大臣の認定する販売管理者がいることになっています。
 
きちんとした販売店であれば、処方したレンズについて、ロット番号など販売したレンズに関する内容が記録されており、販売した日付や処方通り販売したことを証明するコンタクトカルテや証明書が保管されているはずです(販売店によって呼び方や書式などは違っています)。
こういった証明のなされた用紙を準備してもらってからお越しください。初めて購入するレンズの場合は購入履歴はありませんので、購入しようと考えているレンズの基本データ(メーカーと銘柄名、ベースカーブ、直径)の記載のみで結構です。
 
テストレンズはすべての医療機関に全メーカーから無料でもらえるわけではなく、製品の購入実績に応じてメーカーが医療機関・販売店に提供するようになっていますが、当院にはすべてのメーカー、すべての種類のテストレンズがあるわけではありません。
したがいまして、CLの処方を希望される際には、検査のために必要なテストレンズはご自分の購入される販売店にて、ハードや通常のソフトレンズであれば借りるか、使い捨てレンズであればテスト用に1枚づつもらってから受診してください。
テストレンズがなければ検査ができず、希望されるCLを処方できないことがあります。
 
 
これらの「コンタクトレンズカルテ(データシート)」「テストレンズ」を用意してもらえない販売店もあるようですが、そのような業者は販売管理に問題があり、当院での処方のとおりにレンズを販売しない等が推察されますので、当院では医療法に基づき、そのような店舗での購入を希望される方にはCL処方を基本的に行うことができません。
また、当院では不要なトラブルを避けるため、基本的に「対面販売を行う販売店」にのみCL処方を行うこととしています(いわゆる処方箋不要のネット通販には対応できかねます)。
 
 
 

~コンタクトレンズの処方箋についての見解~

 
まず前提として、CLには、薬剤の処方せんのように法的に根拠のある『処方せん』というものは存在しません。
したがいまして、当院では基本的に「コンタクトレンズを買いたいので処方箋をください。」というご希望にはそのままお答えすることができません。存在しないものは、発行することは不可能です。
 
当院では、販売店から渡されたデータシートに、検査の結果得られたデータを追加記録してお返しすることで、「CL処方」の手続きが完了となります。
 
ただし、諸事情により店舗から「コンタクトカルテ(データシート)」などの提供が受けられない場合、当院所定の「CL処方に関する診断書」を発行することは可能です。これは信頼出来る販売店であれば、どのお店に持っていかれても構いません。
ただし通常の疾患の診断書と同様、文書料(3,240円)が発生いたしますのでご注意ください。また、コンタクトレンズ処方の際に必要なテストレンズにも費用がかかります(1枚あたり100円から200円)。
 
また、この場合はこの診断書をもって行かれる販売店において、どのようなCLが販売されているのかが当院ではわかりませんので、当院で推奨するレンズのみの処方となる可能性があります。またその際には、当院で処方したCLがその販売店では販売されていないなどの問題が発生することもありえます。
 
なお、当院で処方したCLが合わなかった場合でも、当院以外の販売店で購入したレンズを返品や交換に当院が応じることはできません。当院では検査を行いそれによって処方をするのみです。
かならず返品・交換に応じてくれる販売店を選ぶようにしてください。
 
また、当院で「CL処方に関する診断書」の発行を希望される場合でも、次回の定期受診時には上記で説明したデータシート・コンタクトカルテを持参していただく必要があります。当院で処方した通りのレンズが販売されているかどうかを確認する必要が有るためです。
販売店にて発行してもらってください。
 
(*「診断書」の発行は現実的にはあまりおすすめできる処方手段ではありません。できましたら初回受診時にも、購入される販売店にて、購入を考えているCLについてのベースカーブやレンズの大きさなどデータの記載されているコンタクトカルテを発行してもらってから当院にお越しいただいた方が診察・検査がスムーズに行きますし、処方したレンズが売られていない等のトラブルが防げます)。
 
CLは高度医療機器です。3ヶ月ごとの定期検査をきちんと受けられない場合は、次回から検査・処方をお断りすることがあります。
 
 
 

患者さんの声

 
実際にレーシックを受けられた患者さんの感想などを、つまもと眼科ブログで紹介
術後にアンケートに答えていただいた方の正直な感想をご覧下さい.
ブログ